仮想通貨を上手に売買するために知っておきたい取引所と販売所

0

2016年11月下旬に二度目の半減期を迎え10万円にまで値上がりしたビットコインの価格はその後もどんどん高騰し、その後たった1年くらいで1BTCが100万円を超えて大きな話題になりました。現在も価格は急騰中で2017年12月7日現在はなんと170万以上で取引されています。

最近は日本国内でもビットコインで支払いができる店も増え始め、今後ますます使い勝手がも良くなりそうです。そんな人気の仮想通貨が購入出来る取引所や販売所についてお伝えします。

ビットコインの購入方法として最もポピュラーなのは取引所や販売所を利用する方法です。

特にビットコインをこまめに売買することで利益を得たいと考えているなら取引所でビットコインを購入し売買するのが適しています。

ちなみに1BTCは現在180万前後ですが、取引は0.01BTC、およそ18,000円から可能です。

取引所を利用する

取引所はリアルタイムな時価でビットコインの売買取引が出来る場所です。日本円とビットコインを両替する事が出来ます。

現在日本国内にはいくつも取引所があり、今後もますます増えることが予想されています。そんな仮想通貨取引所ですか独自の特徴を持っている取引所も多くあります。

例えば、

仮想通貨の取り扱い種類が最大13種類もあるcoincheck
取引量や資本金が国内で最大のbitFlyer
手数料が貰えるZaif

レバレッジを25倍利かせて稼ぐことが出来るQUOINEX、BITPoint、GMOコイン、みんなのビットコイン、手数料が無料のQUOINEX、BITPoint、GMOコイン、みんなのビットコインなどの特徴があるので、どのような形で取引所を利用したいか考えながら、口座を開設していくと良いでしょう。

販売所で購入する

販売所はいわゆるビットコインの両替所です。販売所が仲介役になり、販売所の決めた金額で購入したり売却することができます。

デメリットは取引所に比べて、購入金額が高かったり売却金額が安い点です。普段はあまり利用しないかもしれませんが、ビットコインの価格が暴落するようなパニック相場には活躍するのが販売所です。

例えば売りたい人が殺到して市場が混乱したとき、取引所では売買が成立しないことも考えられますが、販売所なら売買できるケースもあります。不測の事態のために、販売所の存在を覚えておくと役立つかもしれません。

取引所と販売所の違いを頭に入れて、自分にあった場所をしっかりと選んで取引をしていくと良いでしょう。